起き上がりの誘導

1.握手をする

まずは、誘導していくて手と握手をします。からだを支える腕は、起きやすい
角度に開いておきます。

    ↓

2.水平に誘導する
にぎった腕を水平に保ちながら、ほぼ真横に誘導しはじめます。

    ↓  

3.わきの下の角度に沿って
ベッドのまわりを移動しながら下の腕の開いた角度(60~90度)に沿って
引いて片ひじ立ちにします。

    ↓ 

4.要介護者のペース
要介護者がひじを伸ばすタイミングに合わせて足元の方向へ誘導すること、上
体が楽に起き上がります。

    ↓

5.足元に回りこむ
ほぼからだが起き上がっても、さらに足元方向にまわりこんで、上体が安定す
るまで誘導します。


    ↓

6.起き上がり
完全に上体が起き上がり、両手をそろえてきちんと一人で座れました。これで
誘導は完了です。

文章だけで伝えるって難しいですね(汗)

スポンサードリンク