車検が近いけれど

受けてから売ったほうがいいの?


車検が近いが…

愛車の車検の残りが少ない場合、車検を受けてから査定に出した方が有利だろうと思ってはいませんか?

答えはNOです。

車検を通してから査定に出しても、その費用が査定に上乗せされることはほとんどありません。

なぜなら、ディーラーにしろ車買取専門店にしろ、プロは安いコストで車検を通すことができるからです。

そのため、仮にオーナーが車検を通すために出費しても、査定額にプラスすることはできないのです。

むしろオーナーにとって大切なのは、車検を通すことよりも、日頃の点検、整備をきちんと行なっているかどうかです。

日常点検とはオイル交換などのメンテナンスのことです。

オイル交換の記録が残っている場合は、1つにまとめてアピールすれば、査定担当者に好印象を与えるのは間違いありません。

まずは便利なオンラインで無料査定しませんか?今すぐコチラから

車種・年式・走行距離を入力するだけですので時間は全然かかりません。

しかも、あなたの地域の大手買い取り業者数社を一度に一括査定できますよ。

 

車を売るときに思う素朴な疑問にお答えします

Q.キズやヘコミは修理してから無料査定してもらうほうかいいの?

Q.車検が近いけれど受けてから売ったほうがいいの?

Q.どの程度までの事故歴は言えばいいの?

Q.事故車だけど本当にうれるの?

Q.ローンの残債はどうなる?

Q.車の下取り と 車の売却 どっちがお得でしょうか!?